団体紹介

関西SLの組織、行事内容、ネットワークのある大学サークルについての説明です。関西SL設立の経緯や歴史など、より詳しい説明は、こちらをご覧ください。

1. 2018年度役員一覧

会長  堀川周一- ほりかわ ひろかず (京都外国語大学)
事務局長  辻本実里- つじもと みさと (大阪音楽大学)
交流局長 山下佑真- やました ゆうま (大谷大学)
編集局長 桐村慎太郎- きりむら しんたろう (京都大学)
会計 金津翔太- かなつ しょうた (桃山学院大学)

2. 組織概要

発足 1972年4月16日
事務局所在地 京都ライトハウス内
関西SLの歴代会長氏名一覧はこちら
定期総会 年一回(3月)
財源 会費及び寄付

3. 活動目的

 (1) 大学の学内環境改善
 (2) 点訳サークルのネットワーク化
 (3) 視覚障害者と晴眼者との多面的相互理解の推進

4. 主な行事

関西SLでは、上記の目的を達成するため、主に以下のような行事を実施しています。

■新入生歓迎会■
 毎年6月頃に開催します。視覚障害新入生や点訳サークルに入った新入生たちの歓迎をメインの目的とし、参加者全員で交流を深め合うイベントです。公園でのハイキング、施設見学、レクリエーションなど、会場や内容は各年度によって変わります。年度初めであり、ちょうど大学生活にも慣れてくる時期ということで毎年参加者も多く、関西SL恒例行事の一つとなっています。

■交流会■
 後期に、1~2回程度開催します。視覚障害者スポーツを体験したり、点訳サークルが自らの活動を紹介しあったり、視覚障害者と晴眼者が一緒にレクで楽しんだりします。

■大学学園祭めぐり■
 毎年10〜11月の時期に役員の有志が企画します。それぞれの日程に合わせ、各大学の学園祭を順に訪問していくツアーです。他の関西SL行事と同様に参加者を募ります。各大学点訳サークルのブースに訪れる他、自由に学園祭を満喫します。

■OB・OG会■
 開催時期は不定期です。内容は主に、関西SLのOB・OGを招いての講演会です。関西SL創設当時のお話、関西SL役員時代の活動の様子、大学生時代の思い出、現在のご自身の就労体験、視覚障害者文化について、現役学生たちに伝えたいことなどなど、テーマはさまざまです。聴講する現役の大学生たちに多くの気づきを与えてくださる、貴重な機会です。

■その他 学習会■
 開催時期は不定期です。各年度によって学習会のテーマや内容も変わります。室内でのワークショップに限らず、施設見学を行うこともあります。

■合宿
 かつて関西SLでは、夏休み、春休みの時期に2泊3日、もしくは1泊2日で学習会・レクリエーション・観光などを盛り込んだ合宿を行っていました。合宿に際しては合宿委員会が組織され、役員とは別に企画、運営に当たります。ここ何年かは、人員不足などの理由により合宿は実現していません。

5. 関係大学サークル一覧

現在、関西SLとネットワークを結んでいる大学サークルは以下のとおりです。

大阪大学ボランティアサークルフロンティア
大阪教育大学点訳サークルまんてん
大阪市立大学点訳サークルにょろにょろ
関西大学ボランティアサークルチャレンジャー
近畿大学文化会社会福祉すみれ会
神戸大学総合ボランティアセンター点訳セクション
関西学院大学点訳サークル
京都大学点訳サークル
京都府立大学点訳サークル点友会
大谷大学点字・点訳サークル
桃山学院大学てんとうむし

6. 関西SLキーワード

学内環境/視覚障害学生/障害学生支援/点字受験/点字教科書/講義保障・情報保障/点訳サークル/ネットワーク/バリアフリー/心のバリアフリー


トップページへ戻る

inserted by FC2 system